弔電を送る方法とサービスの種類について

By admin - Last updated: 水曜日, 8月 13, 2014

お祝いの電報とは違って弔電は急なタイミングなので、マナーを守って告別式に間に合うように送る必要があります。弔電は通夜や告別式などに参列できない時に喪主宛に送りますが、決められた文字数内で弔意が伝わるメッセ―ジにしましょう。

弔電は一般の電報と同じように電話やインターネットから申し込むことができます。インターネットを利用しない方は、NTTの電報サービスを利用しましょう。台紙を選んで指定された文字数内のメッセ―ジを決めて申し込みます。

弔電を送る先の住所や受け取る方の名前、自宅以外では、斎場や葬儀場などの会場名や住所の確認が必要です。局番なしの「115」電報サービスは、オペレーターが対応するので手順通りにすれば弔電の申込みができます。

インターネットを利用したリーズナブルな弔電サービスもあります。色々な業者が参入しているので、利用料金は比較的安く抑えらえれているようです。シンプルなメッセ―ジカードから厳かな台紙を使ったカードまで種類が豊富です。

電報に生花やプリザーブドフラワーを添えて弔意を伝えることもできます。インターネットの電報サービスは、ほとんどが24時間受け付けているので急な訃報でも対応してもらえます。文例集やカード・台紙の種類が多く料金が安く設定されているのがメリットです。

Filed in サービス